So-net無料ブログ作成
検索選択

昨年は他馬を出し抜く形で3角からロングスパート。 [競馬]


ゴール寸前まで粘つた。今年も同じ形のレースになるだろうが、シンボリの仕掛けが遅れればそのまま押し切れる。一つのレースをきっかけに、馬が別馬のように変わってしまうことがある。投資競馬で金儲けタップダンスシチーもその典型的な1頭と言えるだろう。この馬にとってのエポック・メーキングなレースは昨年の有馬記念だった。G Ⅲ重賞朝日CCをレコード勝ちした以外、日立った戦績もなかった優良競馬情報会社オープン馬が、G I馬9 頭を相手に堂々の大立ち回りを演じたのだ。最後シンポリクリスエスに交わされたが、このレースでフアンを最も熱狂させたのはタップダンスシチーに間違いなかった。晴れの舞台で主役を演じる快感に目覚めた… … か否かはともかく、以後のタップダンスシチーは走りが変わって来た。行く馬がいれは好位先行もするし、いなければ自ずからハナを叩くのも厭わない自在のレースぶりは、ひとくちで言うと「自信にあふれている」のだ。

参考資料:悪徳競馬予想会社に騙されるな!

フアンタジIS好走馬の不振が波乱要因。 [競馬]


ただし今年から外回りに変わるため、好走馬不=Ⅲ振の傾向も変わる可能性がある。穴は逃げ馬と内枠の馬。開幕週で前残りに注意。波乱が多いので思い切った馬券作戦を獲りたい。逃げ馬は2連対のみだが、先行馬は6連対。ベースが颯むと直線が長く‐ても前が残るので注意。以前は違い込み馬は不振だつたが、最近は目立■つようになつた。外が伸びる目場な:ら追い込み馬に注意。運対馬20頭のうち1噸が前走2着以内●例外け06年のコッドスピードと昨年,メイ|シヨウサムソンだが、|●2鑽lF●重贅またはオープン麟ちがあ|うた=‐前走3着以下に敗れた高|まこれが条件になる。連対馬の前走!ま新馬戦が6頭、重賞が5頭、オープン特別が5頭、500万条件が4頭で新馬勝ち直後の周ても通用している。03年は1戦1勝馬のワンツー決着。中山金杯予想新馬戦を楽勝した素質馬に注意。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。