So-net無料ブログ作成

どうしても慎重になってしまう

異性をデートに誘うのってけっこう勇気がいるだろうと思いますが、

人によっては、これが全くできなくて、なかなか恋人ができない人もいるでしょう。



恋人ができないとなると、自分に自信が持てなくて、

ますます誰かをデートに誘えなくなってしまうという悪循環に

陥ってしまう場合もあるでしょう。



あなたは異性をデートに誘うのって、わりとすぐにできますか?



自分はちょっと時間がかかります。



まあでも、ある程度、親しい人ならデートに誘えるので、

全くデートの誘えないって事はないです。



もう少し積極的に誘えたらいいなとは思っているんですけれども、

どうしても慎重になってしまう部分があり、なかなか簡単には手が出せないです。



異性に対してもっとガンガン攻めてみたいですね・・・



「異性に対してもう少し積極的にデートに誘いたい!」と、

そんな風に考えている人は、きっと非常に多いだろうと思います。



弱気な態度では恋愛って、なかなか進展しないですからね・・・



あなたも「異性に対してもう少し積極的にデートに誘いたい!」と、

そう思っていませんか?



優良出会い系サイトの利用者たちは、特にこういう思いって、

非常に強いだろうなって感じますね。


好きと愛してるの違い

「好き」と「愛してる」の違いを説明しろと言われると、「LIKE」と「LOVE」の違いだというのが一番わかりやすいのですが、日本人の「LIKE」の感覚で外国人は「LOVE」を使っています。そうなるともうわけがわかりません。日本人にとって「愛してる」という言葉は非常に特別で、なかなか口に出すことはありません。軽々しく言ってはならないのです。無料SNSで知り合った人にプロポーズするくらいの気持ちで「愛してる」と言わないと、日頃から軽々しく使っていては言葉の重みがなくなります。「愛してる」という言葉を多用しているのは歌の中ですね。ですから好きな人とカラオケに行ったときにわざとそんな歌を歌ったりします。

「好き」という言葉にも重みはあります。パスタが好き、ホットケーキが好き、というのとは違って、あなたが好き、ということになれば、それは「愛してる」の前段階として受け止めます。初めから「愛してます」と告白されると重すぎてしまうので、まずは「好き」から入るのです。そしてその「好き」を重ねて、いずれ「愛してる」ということになります。もちろん「愛してる」に至らないまま別れてしまうカップルもたくさんいますが、結婚にまで至るカップルなら「愛してる」を通過します。日本では「好き」と「愛してる」の使い方は違いますね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。